日本ホプキンズ協会は、19世紀のイギリスの詩人Gerard Manley Hopkinsの文学を中心に研究すると同時に、会員間の情報交換や親睦を図るための会です。

沿革

日本ホプキンズ協会東京部会沿革

1970年 ピーター・ミルワードS.J.、大道末吉、江野澤一嘉の3氏を中心にホプキンズ研究者の組織を設立する準備を始める。
1971年1月16日 「ホプキンズ友の会」第1回総会を上智大学で開催。P. ミルワード氏(上智大学教授)が会長に、大道末吉氏(高千穂商科大学教授)が初代事務局長(~1992年1月)に就任。
同年12月4日 「ホプキンズ友の会」と「関西ホプキンズ研究会」で第1回連絡総会を開催。以後「ホプキンズ友の会」は「日本ホプキンズ協会東京部会」に、「関西ホプキンズ研究会」は「日本ホプキンズ協会関西部会」と改称し、毎年1回日本英文学会開催日に連絡総会を開催することとする。
1972年 機関誌『ホプキンズ研究』(Hopkins Research)創刊。
1992年2月~1996年2月 都築祐吉事務局長。研究発表会181回~199回。
1996年3月~1998年2月 平田トミ子事務局長。研究発表会200回~212回。『ホプキンズ研究』第25号~26号発行。
1998年3月~2009年2月 伊吹祐子事務局長。研究発表会第213回~256回。『ホプキンズ研究』第27号~36号発行。
2009年3月~2015年2月 清水泰子事務局長。研究発表会257回~285回。『ホプキンズ研究』第37号~42号発行。
2015年3月~現在 笹川浩事務局長。
2015年11月 協会公式ウェッブサイトを開設。

St Beuno's(画像)St Beuno’s

 

PAGETOP
Copyright © 日本ホプキンズ協会東京部会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.